虫歯に関すること

急に痛みだした虫歯の応急処置は?
夜中や歯科医が休診日に限って急に虫歯が痛みだすととても不安になります。 すぐに歯科医での治療を開始できればいいのですがそれまでの間どうしたらいいのでしょうか? いつも使っている自分の体質にあった鎮痛剤があれば我慢できない痛みの場合は使用しま
虫歯予防に歯医者に通うメリットは?
虫歯もないのに歯科医を予約して通うのは面倒でなんとなく後まわしになっていませんか? 予防歯科をしっかりすることはからだ全体の健康を維持することにつながります。 虫歯や歯周病は初期の段階では自分では気づきにくく定期的に歯科医で診察してもらい早
妊娠中の虫歯治療どうしたらいいの?
妊娠を希望する場合は妊娠前に虫歯や歯周病の治療は済ませておくことが大切です。 しかし妊娠中虫歯などの治療が必要になったときどうしたらいいのでしょうか? 妊娠中はホルモンの変化やつわりなどで口の中の環境が変化する時期です。 妊娠の初
虫歯で歯がなくなったらどんな影響があるの?
歯の数本が虫歯などで失われても歯はたくさんあるのだから大きな問題はないのでは?という風に思いませんか。 実は歯を失うと口の中の問題だけでなくからだ全身に影響がでます。 初めて生える子どもの歯の乳歯は20本です。その後6才頃から乳歯が抜けはじ
虫歯でないのに歯が黄ばんでくるのはなぜ?
歯の表面を覆っているエナメル質の下には象牙質があります。 この象牙質の色が薄い半透明のエナメル質を通して歯の色が現れます。 エナメル質の表面の凹凸や厚さや透明度などでも色の違いがでます。 象牙質の色には個人差がありはじめから黄色っ
虫歯などで噛み合わせが変わり歯がすり減るとどうなるの?
歯が生えてきたばかりは、凸凹の溝があったり、先がとがっていたりした状態ですが、食べ物を食べたりしていくうちに、徐々にすり減っていきます。 上下の歯全体が同じように減っているのであれば、バランスよく噛んでいる状態と考えられます。 しかし虫歯な
虫歯や歯周病も生活習慣病の一つって知ってますか?
心臓病、脳卒中、がんなどは、日々の生活習慣が発症に大きく関係していると言われています。 あまり知られていませんが虫歯や歯周病も生活習慣病の分類に入っています。 成人病と言われているものは、命にかかわると思っているので健康を意識し病気にか
虫歯のない健康な歯はとても大切!その理由とは?
永久歯の数は28本で親知らずの4本が生えている人は32本になります。 一般に80才になったとき、20本以上自分の歯を保持できているよう提唱されています。 虫歯や歯周病などにならないようにすることは、単に歯の健康だけでなく、からだ全体の健康に
大人の虫歯の特徴は?
大人の歯は子供の頃の歯の乳歯に比べて虫歯にはなりにくいと言われています。 大人の歯の永久歯のエナメル質は乳歯の2倍くらいあり唾液による再石灰化力も強く乳歯の時期よりは刺激から歯を守れるようになっているからです。 永久歯は乳歯ほど虫歯の進行は
虫歯などで歯医者を受診するときに気をつけることは?
虫歯がなくても定期的に歯科医を受診している人や気になることは何でも相談できるかかりつけの歯科医がある人は問題ありません。 しかし多くの人は仕事が忙しいからとかなんとなく億劫だからとかついつい受診が遅れがちになってしまったりします。 しかし結