虫歯予防で大切な事は?

虫歯を作らないようにするにはまず歯垢を取り除くことが大切です。


歯垢とは細菌の塊で口の中の細菌が食べ物などの糖分を栄養として、増えていきます。


このネバネバ物質が歯の表面に付いて歯垢となり虫歯へと進行してしまいます。


歯垢はうがいだけではなくならず歯磨きやデンタルフロスなどを利用しながら取り除く必要があります。


歯垢の細菌は数百種類以上あると言われていて虫歯と大きくかかわりのあるミュータンス菌や歯周病の原因になる菌などさまざまなものが含まれています。


歯ブラシの使い方は以前はゴシゴシ強めに磨いてしまう人も多くいましたが今は小さい頃からの歯磨き教育によりずいぶん正しい磨きかたが定着しつつあります。


歯ブラシは広がらない程度に軽く歯にあてる。

歯ぐきの境目や歯と歯の間など歯の面に毛先をきちんとあてる。

歯の1本1本を磨く感じで、小刻みに歯ブラシを動かす。

などを意識しながら磨くといいでしょう。


人それぞれ歯の質や歯並びなどで虫歯予防にに効果的な磨き方は異なるのでかかりつけの歯科医でフッ素塗布をしてもらったりデンタルフロスの正しい使い方などを教えてもらうとよいでしょう。


また今注目されている虫歯菌そのものを取り除く虫歯予防歯磨き粉を使うのも良いでしょう。詳しくはこちらに書いているので参考にしてみると良いですよ。

⇒ 注目の虫歯予防歯磨き粉は本当に効果があるのか?実際に使うと意外な効果が!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。