虫歯になると歯周病になりやすいって本当?

落としきれない歯垢は虫歯の原因になりますが歯垢はそのまま放置していると歯周病にもかかりやすくなってしまいます。


歯垢はうがいをしたくらいでは落とすことはできません。


正しい歯磨きが必要ですが歯と歯ぐきの境目を小刻みにやさしく磨くことが大切です。


自分ではしっかり磨いているつもりでも歯ぐきの溝までうまく磨くことができなかったり健康状態がよくなかったりすると歯ぐきの溝が深まり炎症を起こしてしまったりします。


この溝を歯周ポケットと言います。


歯周ポケットから歯周病は進行していってしまいます。深い場合は歯科医で歯垢を取り除く治療が必要です。


虫歯ケアだけでなく歯周病も同時に気おつけた生活習慣を送ることが必要でたとえ虫歯が1つもなくても歯周病になってしまって進行すると歯ぐきが歯を支えることができずに最悪歯を失うことになってしまいます。


歯ぐきの状態はからだ全身の健康状態と関係していて初期の段階では分かりにくいと言われている糖尿病になっていたりすると歯周病が悪化したり歯ぐきが弾力がなく虫歯ではないのに歯がグラグラしてしまったりさまざまな症状が現れます。


歯ぐきの状態をチェックすることはからだ全体の病気の早期発見にもつながるので歯磨きなどの際に歯ぐきの変化を自分で見つけたら早めに歯科医の診察を受けることをおすすめします。


そうは言ってもなかなか歯医者に行く時間が取れないと言う人もいらっしゃると思います。


その場合は今使っている歯磨き粉を歯周病予防に効果が高い歯磨き粉に変えるというだけでも違うのでまずはその方法を試してみてはいかがでしょう。


歯周病予防に効果が高い歯磨き粉に関してはこちらに書いているのでそちらの記事を参考にしてみると良いですよ。

⇒ 話題の歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。