虫歯にならないためにはどんな食べ物に注意したらいい?

虫歯治療や歯磨きだけでは健康な歯を保つことはできません。


虫歯は虫歯菌だけで進行するわけではなく食べ物の糖質を代謝し酸を発生させ歯を溶かしていきます。


糖分のある甘いたべものが虫歯になりやすいということは一般的に知られています。


意外と認知されていないものがすっぱい系の食べ物です。


美容と健康によいとされる柑橘系のくだものやお酢を使った料理はからだのミネラルバランスを保つために欠かせないものですが摂取すると口の中が強い酸性になります。


この状態は甘いもの同様に歯の表面を溶かしやすい環境になります。


しかし糖質も酸性の食べ物も私たちの健康なからだを保つには欠かせない栄養素です。食べてはいけないのではなく食べ方に問題があるのです。


口の中は再石灰化と言って唾液の力で溶け出した歯の表面を元の状態に戻そうとする働きがあります。ですからダラダラ食べや寝る直前に食べたりはよくありません。


きちんと決めた時間に食べて口に中が酸性から元の状態にもどり再石灰化がなされる時間を作ってあげることが必要です。


またしっかり噛むことにより唾液の分泌が増えるので歯応えのある野菜などを摂取することも大切です。ぜひ食事方法にも気をつけてみてくださいね。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。