虫歯と口臭は関係があるの?

会話のとき自分の口臭が気になり「きちんと歯磨きしているのになぜ?」と悩んでいる人はとても多くいます。


口臭にはさまざまな原因があります。


臭いの強い食品を食べたあと口臭がきつくなるのは一時的なもので問題はありません。


初期の虫歯では臭いも少ないのですが虫歯が進行していくと虫歯であいた穴などに食べかすや菌がたまり臭いは強くなってきます。


虫歯の原因の歯垢も歯磨きなどできちんと落とせているうちはいいのですが落としきれない歯垢は歯石となり歯磨きだけではきれいにすることはできなくなります。


この歯石がたまった状態でも口臭の原因になります。


歯周病でも歯周ポケットにたまった歯垢や炎症を起こし膿がたまった状態などになっても独特の臭いがします。


このようなあきらかに虫歯などで口の中が原因の口臭であれば歯科医で治療を受ければ改善されます。


口臭は口の中が問題で起こるだけでなく糖尿病や副鼻腔炎(蓄膿症)やホルモンバランスやストレスなどによる唾液の減少などさまざまな要因で起きます。


まずは自分の口臭の原因は何なのかをしっかり把握することが大切です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。