牛乳 虫歯?歯科衛生士が答えます!

「牛乳って虫歯になるんですか?」お母さん達からよくされる質問です。


牛乳に含まれるカルシウムのおかげで歯は強くなります。


でもその牛乳のせいで虫歯になるって知ったら驚きですよね。


牛乳は虫歯になるのかについて書いてますので参考にしてみてください。


牛乳は虫歯になるの?


牛乳は虫歯にならないと思ってるお母さんってけっこういます。


『夜歯を磨いて寝る前に牛乳を飲む!』


それ・・・


虫歯になります!


もともと口の中というのは虫歯にならないように中性の状態にあるのですが食べ物を食べることで酸性になります。


この状態になると「脱灰(だっかい)」と言って歯が溶け出します。炭酸ジュースを飲むと歯が溶けるというのは間違っていないんです。


ではなぜ牛乳が虫歯になるのかというと牛乳には乳糖という成分が含まれていてこの成分の働きで口の中を酸性に近づけてしまうのです。


つまり牛乳を飲んでそのまま寝てしまうと口の中が酸性になっているので虫歯になりやすいというわけです。


ただ甘いものと一緒に飲んでる時は別なんです。


面白いですよね。


牛乳だけの場合は口の中を酸性に近づけてしまうのですが甘いものと一緒に牛乳を飲んだ場合は牛乳のおかげで中和されるのです。


だから甘いものと一緒に飲むならジュースよりも牛乳のほうが虫歯予防になるのです。


今話題になってる虫歯予防方法は?


今注目されているのが虫歯菌除去成分が含まれている世界初の歯磨き粉があるんですよ。


赤ちゃんから使え安全性も高いことから子どもに虫歯を作らせたくないお母さんの間で評判になっています。


口コミでも

虫歯が0になった
歯医者さんで褒められた
子どもがハミガキするようになった

など良いクチコミが多いです。


子どもの虫歯に悩んでいたママ友にも「とりあえず返金保障もついているし試しに使ってみたら?」って紹介したらLINEにこんなメッセージが↓




今ならキャンペーン中で公式サイトで申し込めば60日間全額返金保障付きで試すことができます。キャンペーンはいつ終了するかわからないので詳しくは公式サイトで確認してみてくださいね。

⇒  60日間全額返金保障付きで試せる虫歯予防歯磨き粉はこちら



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。