どうして虫歯になるの?原因は?

いつまでも虫歯のない健康な歯でいることは人の寿命にも大きな影響があると言われています。


食べ物に含まれている糖分が口の中にいる常在菌のミュータンス菌によって代謝され酸を発生させます。


この代謝された酸が歯の表面のエナメル質を溶かしはじめると虫歯の初期の状態になります。


まだこの初期段階であれば再石灰化といって唾液などにより再生されもとの状態に戻す力が私たちの体には備わっています。


しかし正しい歯のケアができていなかったり偏った食生活であったり病気療養中で体力が落ちていたりすると再石灰化が間に合わず虫歯が進行していってしまいます。


虫歯の進行はエナメル質の表面を溶かしエナメル質に穴があくのですがこの状態ではまだ痛みは感じません。


象牙質まで穴があくと熱い物や冷たい物がしみる感覚がでてきます。さらに歯の神経にまで進んでしまうと激しい痛みになります。


虫歯の末期の状態になり歯根だけになり神経が死んでしまうと痛みを感じなくなる場合がありますがそのまま放置していると膿を持った状態になるとまた痛みが発生します。


さらに血管から体中に口内細菌がまわってしまい別の病気が起こる要因になってしまったりします。


特に夜は唾液の分泌が少なくなり口の中が酸性になりやすく虫歯リスクが高くなりますので夕食後はきちんと歯磨きをすることが大切です。


大人になると虫歯だけではなく歯周病予防も重要です!


なぜ歯周病予防が大切なのかについても書いているのでそちらの記事を参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病になると体にどういった影響があるのか?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。