虫歯に関すること

どうして虫歯になるの?原因は?
いつまでも虫歯のない健康な歯でいることは人の寿命にも大きな影響があると言われています。 食べ物に含まれている糖分が口の中にいる常在菌のミュータンス菌によって代謝され酸を発生させます。 この代謝された酸が歯の表面のエナメル質を溶かしはじめると
虫歯予防で大切な事は?
虫歯を作らないようにするにはまず歯垢を取り除くことが大切です。 歯垢とは細菌の塊で口の中の細菌が食べ物などの糖分を栄養として、増えていきます。 このネバネバ物質が歯の表面に付いて歯垢となり虫歯へと進行してしまいます。 歯垢はうがい
虫歯になると歯周病になりやすいって本当?
落としきれない歯垢は虫歯の原因になりますが歯垢はそのまま放置していると歯周病にもかかりやすくなってしまいます。 歯垢はうがいをしたくらいでは落とすことはできません。 正しい歯磨きが必要ですが歯と歯ぐきの境目を小刻みにやさしく磨くことが大切で
虫歯でうまく噛めないとどうなるの?
虫歯ができてしまうと痛みに悩まされるだけでなく私たちのからだにはさまざまな弊害が起きはじめます。 口の中に食べ物が入ってくるとだれもが無意識で飲み込みやすい大きさにまで噛むことをしてからごっくんと飲み込んでいます。 やわらかいものばかり食べ
虫歯になりにくい人となりやすい人の違いは何?
虫歯の原因菌と言われるミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在しません。 歯がはえてくる頃になると人を介しての接触や食器の共有など虫歯菌の感染が起こります。 その後は食生活を含む生活習慣や歯の質や唾液の状態などにより虫歯のなりやすさ
虫歯がないのに歯がしみるのはなぜ?
熱いものや冷たいものを口に含んだ時に虫歯はないはずなのに歯がしみることありませんか? 知覚過敏という言葉はよく耳にするようになりましたがそれはどんな状態になっているのか。 虫歯が無いのに歯がしみる場合に考えられることを紹介します。
虫歯にならない強い歯を作る方法!
歯の成分と言えば真っ先に思いつくのがカルシウムですよね。 歯にはカルシウムだけでなくタンパク質やリンなどのミネラル成分も含まれています。 偏った食生活を続けていると歯の栄養成分が不足します。 そこに歯垢が作り出す酸や毒素が加わると
虫歯のない健康な歯とダイエットは関係あるの?
脳の視床下部にある満腹中枢はダイエットと深いかかわりがあります。 口から食べ物が入ると満腹中枢に信号が行きます。 そしてお腹がいっぱいだから食べなくても大丈夫と脳が感じそれ以上食べなくても満足できるようになります。 満腹感は血糖値
虫歯と口臭は関係があるの?
会話のとき自分の口臭が気になり「きちんと歯磨きしているのになぜ?」と悩んでいる人はとても多くいます。 口臭にはさまざまな原因があります。 臭いの強い食品を食べたあと口臭がきつくなるのは一時的なもので問題はありません。 初期の虫歯で
虫歯にならないためにはどんな食べ物に注意したらいい?
虫歯治療や歯磨きだけでは健康な歯を保つことはできません。 虫歯は虫歯菌だけで進行するわけではなく食べ物の糖質を代謝し酸を発生させ歯を溶かしていきます。 糖分のある甘いたべものが虫歯になりやすいということは一般的に知られています。
| 1 | 2 | 3 | 4 | … 最後 次ページ >>