歯茎が痩せていくのはなぜなの?

ふと鏡を見てみたら歯茎が以前より痩せてしまったと思われたことはありませんか。


ではその原因は何でしょうか。


歯周病のせい


1つの原因として歯周病が挙げられます。歯周病が重度の状態に進行すると歯茎は痩せてしまうのです。


歯周病は細菌が歯茎から歯を支える骨にまで届き骨を溶かしますが同時に歯茎も痩せていきます。


初期段階では歯茎の腫れという症状がありますが中度・重度へとひどくなるにつれ歯茎は痩せてしまいます。


加齢のせい


年齢を重ねるにつれて歯茎が下がっていき痩せてしまうことがあります。


しかし個人差もありますので歯茎が痩せる原因がすべて加齢によるものとは言えません。


歯磨きの時の力の入れ過ぎのせい


歯磨きをする時に力を入れ過ぎていると歯と歯茎を削り取ってしまうのです。そのため歯茎が下がり歯が大きくなったように見えることがあります。


歯磨きは力を入れた方が汚れが取れるというのは誤解ですから歯ブラシの毛先が広がるか広がらない程度の軽い力で優しく磨きましょう。


こんな歯ブラシを使ってみるといいかもしれません ⇒ ころころ歯ぶらし



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。