歯茎が痛い!歯磨きをしても大丈夫?

歯茎に痛みがあると触るのが怖いし痛いから歯磨きをしたくないと思われるかもしれません。


しかしそのような時にこそいつも以上に丁寧にしっかりと歯磨きをすることが必要です。


ではどのように歯磨きをしたら良いでしょうか。


力加減に注意して!


歯磨きをした方が良いとはいえ力の入れ方には注意してください。優しく弱い力で磨くようにしましょう。


歯ブラシの毛先を歯や歯茎に当てた時に毛先の1~2ミリが少し広がる程度の力具合で十分です。鉛筆を持つようにして握ると力が入り過ぎません。


弱すぎるように思われるかもしれませんが汚れはきちんと落ちますから歯茎が痛くない時でも優しく磨きましょう。


歯ブラシをあてる位置と時間は?


歯ブラシを歯と歯茎の境目にある歯周ポケットと呼ばれる溝の中に毛先が入るように磨きます。角度を45度くらいに傾けるとちょうど溝に入ります。


歯は一本ずつ左右に細かく揺らすようなマッサージするような感じで磨きます。


歯磨きにあてる時間は理想としては15分~20分とされています。


普段歯磨きの時間が短い人はまずは5分を目指してすでに5分かけている人は10分磨いてみるといった少しずつ時間をかけるようにしてみるといいですよ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。