歯茎から血が出るけど、これって歯肉炎?

歯磨きをすると歯茎から血が出ますか?


これってもしかしてよく聞く歯肉炎では?と思われるかもしれません。


では、歯茎からの出血は歯肉炎なのかどうかを見ていきましょう。


歯肉炎は歯周病の中でもかなり初期

歯肉炎というのは、細菌により歯茎が炎症する病気のことです。そして、これは歯周病の中のかなり初期の段階を指します。


歯肉炎の症状としては、歯茎が少し赤っぽくなっている、歯磨きをすると歯茎から出血する、口臭がするといった症状です。


痛みが伴う場合は歯周炎になっているかも

歯茎からの出血などの症状以外に、歯茎が痛むという場合は、それはすでに歯肉炎から歯周炎という歯周病の中でも炎症が進行した段階に進んでいる可能性が考えられます。

歯周病の原因は、歯磨きが十分でないために、歯垢がつくことで細菌が増え、炎症を起こします。


血が出ても歯磨きを続ける

歯肉炎の段階であれば、歯磨きをすることで症状が改善していくこともあります。

歯茎から血が出ると、歯磨きをするのが怖くて歯磨きを控えてしまう方がいますが、これは逆効果でしょう。

歯茎から出血する場合も、柔らかい歯ブラシで丁寧に歯磨きをすると出血を抑えることができるとされています。


ただし、自分の歯茎の状態が歯肉炎なのか、歯周炎まで進んでいるのか判断することは難しいです。


ですから、歯茎の異常を感じたら、まずは歯医者さんに行き、正確に診断してもらい適切な処置をしてもらうことをおすすめします。


歯周病の予防の仕方とは?




歯周病は最終的には歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。そこで、歯周病を予防することは大切ですが、どうしたらよいでしょうか?予防に効果的な方法をご紹介します。


毎日の丁寧な歯磨きは必須!


歯周病の原因は、歯茎が細菌によって炎症することにあります。


細菌は、もともとお口の中にあるものですが、歯や歯茎に付着した汚れ(歯垢)により繁殖し、炎症を招きます。


ですから、歯周病を予防するにはお口の中を清潔に保つことが大切です。


できれば、食後に毎回磨けるとよいですが、それが難しい場合は、夜寝る前の歯磨きを丁寧に行うようにしましょう。


歯と歯茎の境目にある溝(歯周ポケット)の部分に歯ブラシの毛先が入るように、斜め45度ぐらいの角度で歯ブラシをあてて、1本ずつ優しい力で磨いてください。


力を入れてごしごしして歯茎を傷つけたり、歯の表面を削り取ったりしないように注意しましょう。


定期的に歯医者さんの検診を受ける!


毎日の歯磨きだけでは、やはり限界があります。


自分では取り切れない汚れを歯医者さんに行って、検診を受けてクリーニングしてもらうことも予防に効果的です。


最近は、「予防歯科」という分野に力を入れている歯医者さんが多いので、そうした歯医者さんを探して、3~4か月に1回ぐらい診てもらいましょう。


磨き残しができやすい部分を教えてもらえたり、正しい歯磨きの仕方を指導してもらえたりもするので、歯周病予防におすすめですし、虫歯などの早期発見にも役立ちます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。