歯肉炎をソニッケアーなどの電動歯ブラシで治す方法

歯肉炎と言うのは歯茎の炎症です。このままにして悪化すると歯周病になり最悪の場合歯槽膿漏にまでなってしまいます。そうなってから治すのはかなり大変です。そのため歯周病になる前に治すことがとても大切です。


歯肉炎はプラーク(歯垢)が溜まることで起こる歯茎の病気です。プラークをしっかり取り除いてあげれば歯肉炎にはならないのです。初期の歯肉炎を治すためにはソニッケアーなどの電動歯ブラシを使うことが効果的です。


そもそもなぜ歯肉炎になるのかというと「歯磨きがきちんと出来ていない証拠」なのです。電動歯ブラシに変えるだけでこれまで磨きが足りなかった部分がしっかり磨けるようになります。しっかり磨けるということはきちんとプラーク(歯垢)を落とすことができるということなのです。


歯肉炎の初期の状態であれば歯磨きをしっかり行うだけで治すことも可能です。ただしその場合でも一度、歯医者でしっかりと診てもらうほうが良いです。なぜかと言うと、歯と歯茎の間の見えない部分に歯石がある場合もあるからです。


その場合はせっかくソニッケアーなどでしっかり歯を磨いてもなかなか治すことができません。より効率的に治すためには歯医者でスケーリングをして歯石を全て除去してから行うのがおすすめです。


また歯肉炎などの歯周病に効果があると言われている歯磨き粉を使うこともおすすめです。歯科業界で評判の歯磨き粉をわたし自身が実際に使用してわかりやすくランキング形式で評価しました。歯科衛生のプロとして自信を持っておすすめできるので良かったらそちらも参考にしてみて下さいね。

⇒ おすすめと言われている歯磨き粉を歯科衛生のプロが実際に体験して検証!



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。