歯肉炎の状態で歯茎を改善することが大切な理由

これなら大丈夫 ⇒ 歯周病専門薬用プロポリスハミガキ



歯肉炎の状態で改善することがとても大切です。なぜかと言うとそのほうが簡単だし歯肉炎の状態であれば改善が可能だからです。


歯肉炎が進行して悪化すると歯周病になってしまいさらに悪化すると歯槽膿漏になります。その状態まで進んでしまうと改善は厳しくなってしまいます。


つまり歯周病はなったら治療するのではなくなる前に予防することがとても重要なのです。だからこそ歯周病の一歩手前の歯肉炎の状態で改善することがポイントです。


歯周病は本当は怖い病気?


歯周病というのは本当はとても怖い病気です。というのも最近の研究で歯周病菌によって様々な病気が引き起こされているということがわかってきたからです。糖尿病患者が糖尿病の治療をしてもなかなか改善されなかったのが歯周病治療を行ったところ糖尿病が改善されたという研究データもあります。


ここではあまり多くは書きませんが歯周病菌を始めとする口腔内細菌が原因で全身の病気が起こるというのは定説になりつつあります。


だからこそ比較的容易に改善ができる歯肉炎の状態で改善してあげることがとても大切なのです。改善で重要なのはたった1つ。


口腔内をキレイにすること


つまり歯磨きをしっかりやるということです。でもきっと毎日朝晩歯磨きをしているはずです。それなのに歯肉炎になるって不思議だと思いませんか?


ほとんどの人はしっかり歯磨きをしているつもりなのです。歯磨きがしっかりできていれば歯肉炎にはなりません。歯肉炎になるということは歯磨きがきちんとできていない証拠なのです。


正しい歯磨き方法や歯周病予防におすすめの歯磨き粉に関しても書いているので良かったらこちらを参考にしてみて下さいね。

⇒ 歯科衛生士が自宅で実際にやっている歯周病や歯槽膿漏をケアする方法


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。