歯肉炎になぜなるのか?歯肉炎を予防するにはどうすれば良いのか?

「歯肉炎になぜなるのか?」というと歯磨きでプラーク(歯垢)をきちんと落としていないからです。正しい方法で歯磨きを行っていればプラークを落とすことができるので歯肉炎になることはまずありません。


歯肉炎がさらに進行してしまうと歯周病になってしまいます。


歯周病になってからの改善だと大変ですし時間もかかります。歯肉炎の状態でケアをしてあげることが大切です。


歯肉炎の状態でケアをすれば早ければ2~3週間で改善することが可能です。


もしちゃんと歯磨きをするのができないのであればソニッケアーなどの電動歯ブラシを使うと良いですよ。手で磨くよりも簡単にプラークを落とすことができます。


実際にわたしが使っている歯肉炎予防の歯ブラシセットについても書いているので、良かったらそちらも参考にしてみて下さいね。

⇒ 歯肉炎予防の為のマユユの一押し歯ブラシセット




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。