歯石を除去するのに値段はいくらぐらい?

歯医者さんに行っていきなり「歯石を取ってください」といってもできません。


それはあなたの歯ぐきの状態を把握しなければ歯医者さんは治療することができないからです。

「歯ぐきの状態はどうなのか?」
「歯石はどの程度たまっているのか?」

等の検査をしてから治療を始めます。


歯石を除去することは健康保険が使えるので健康保険で歯石を除去するのに一般的な3割負担の場合の値段を紹介します。


健康保険の場合まず初診料や検査料がかかります

初めて歯医者さんに行くならどのような疾患でも(虫歯・歯周病・その他)まず初診料がかかります。二回目からは再診料がかかります。

最初は歯ぐきの中の歯を支える骨(歯槽骨)の状態を診るためレントゲン撮影を行います。歯槽骨の状態は外から診ただけではわからないからです。

次に歯周病の進行具合を診断するための「ポケットグローブ」とよばれる歯周ポケットの深さの検査を行います。

この検査では歯1本につき周囲4~6カ所で行いそれぞれの歯周ポケットの深さを測定すると同時に出血の有無も確認します。

さらに歯1本1本の横揺れと縦揺れのグラつきがないかを調べる検査もおこないます。歯医者さんによってはお口の中の現在の状態を診るための写真を撮る場合もあります。


歯石を除去するのは2回に分けて行います

歯石を除去する処置を「スケーリング」といいます。専用のスケーラーという先が細長い器具を使います。

このスケーラーを手で操作するハンドスケーリングと超音波スケーラーでスケーリングする方法があります。

最近ではこの2つの方法を併用することが多いです。通常であれば歯石を除去する時は歯の上と下の2回に分けて行います。

健康保険ではそれぞれの処置で点数が決められています

健康保険で歯石を除去する場合の値段は…
・初診料 218点
・レントゲン撮影(パノラマ写真)402点
・歯周基本検査(20歯以上)200点
・口腔内写真検査 50点
・歯科疾患管理料 110点
・歯石除去(上は下どちらか)140点
・仕上げのクリーニング 60点
これらを全て初診時に行った場合は合計点数1180点×3割で3540円になります。

二回目からは検査料はいりませんので再診料42点に歯石除去(上か下どちらか)になりますのでだいたい730円になります。


この金額はあくまでも基本料金になりますので歯医者さんによっては検査を省いて初診で払う診療費がもっと安い場合もあります。


また歯医者さんによっては患者さんの状態によって初診から歯石除去を行わない場合もありますので値段が気になるのであれば初診時にだいたいの値段を確認すると良いですよ。


歯石はできてしまってからでは遅いです。なので歯石がつかないようにきちんと歯磨きをすることが大切ですが歯石をつきにくくするような歯周病専用薬用歯磨き粉もあります。


歯磨きが苦手で歯石がつきやすいのであればこのような歯周病専用薬用歯磨き粉を使って歯石予防をすると良いですよ。良かったらこちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。