歯石が付くのを防ぐ方法は?

歯石が付きにくい歯磨き粉があるって知ってましたか?
⇒ >>ナノ粒子ハイドロキシアパタイト配合薬用ホワイトニング歯磨き粉<<

虫歯や歯周病の原因となる歯石。


歯石は一度付いてしまうと簡単に取り除く事はできません。歯科で取り除いてもらうしかないのです。


なぜ歯に歯石がついてしまうのでしょうか?


歯石はプラークと呼ばれる細菌の塊と唾液と血液からできています。歯ぐきが赤く腫れていたり出血していると細菌の塊と唾液と血液でできる歯石は条件が揃ってしまうので歯石が付きやすくなるのです。


その条件を揃わないようにすれば歯石は付きにくくなるということになります。


誰の口にも細菌は何百種類も住んでいるので取り除く事はできません。唾液も口の中にある必要なものなのでやはり取り除く事は出来ないのです。


でも口の中の出血は防ぐことができます。


歯ぐきが腫れないようにし出血しないようにしていると歯石ができてしまう条件の一つの血液を抑えることによって条件は揃わなくなるので歯石も作られないという訳です。


歯ぐきの出血を防ぐにはどうしたらようのでしょうか?


多くの場合歯ぐきの出血は細菌が歯ぐきの周りの残っているので赤く腫れ出血しているのです。


柔らかい歯ブラシで丁寧に歯磨きを行いデンタルフロスや歯間ブラシなどを使い食べ残しや細菌をかきだすように取り除きます。


そうすると出血しなくなり歯ぐきが元気になります。出血が止まると歯石は付きにくくなるというわけです。


一度歯石になってしまうと歯科で取り除くしか方法はありませんが歯石がつくのは、自分で防ぐことができるのでまずは日ごろの歯磨きから改善していくと良いですね。


歯石が付きにくい歯石が付きにくい薬用歯磨き粉などを使うのも良いと思いますよ。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。