歯石がついていないのにあるって本当?

「歯石がついていないのにあるって言われたんですけど・・・」別の歯医者に通っていた患者さんが言っていたセリフなんですが調べたらバッチリついていました(苦笑)


実は歯石ってついていないように見えてけっこうあるって思っていたほうが良いですよ。


特に目に見えない歯と歯茎の隙間にある歯石は自分ではわかりません。レントゲンを取れば一発でわかるのですがレントゲンを撮らずに歯石除去をすることもよくあります。


日本人の成人の約8割は歯周病または歯周病予備軍と言われています。歯周病になる原因は歯石がつくことです。


つまりほとんどの人の歯には歯石が付いているということです。それをそのままにしているから歯周病になってしまうのです。


歯ブラシだけを使った歯磨きでは不十分で歯間ブラシやフロスを使わないと歯石が付くのを防ぐことはできません。歯間ブラシやフロスを使って歯磨きをして初めて80%ぐらい歯垢を落とすことができると言われています。


歯間ブラシやフロスを使っても100%キレイにはできない!


歯周病にならないためには歯間ブラシやフロスを使った歯磨きをしてさらに3ヶ月に1度ぐらいは歯医者に行き歯の掃除をするのが理想です。


歯石についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯石があるとどんな悪影響があるのか?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。