歯槽膿漏を予防したければ音波歯ブラシを使うのが一番

歯科衛生士をやってると「歯磨きが下手な人が本当に多い」ということをつくづく感じます。


なぜかと言うと「そもそも歯磨きがきちんと出来ていれば歯槽膿漏や歯周病、歯肉炎にはならない」からです。


きちんと歯磨きが出来ていないから歯槽膿漏などになってしまうのです。


つまり歯槽膿漏などの歯周病を防ぐためにはきちんと歯磨きができていれば良いのです。しっかり汚れを落とすためには細かく歯ブラシを動かすのが効果的です。


では「手で歯ブラシを細かく動かすのと音波歯ブラシで歯ブラシを細かく動かすのとどちらが細かく歯ブラシを動かすことができますか?」


当然『音波歯ブラシで動かすほうがブラシを細かく動かす』ことができますよね。


音波歯ブラシなどを使うことで歯槽膿漏などを予防できる理由は、歯に付いたプラークをきちんと落とすことができるからです。


また歯磨きで大切なのは歯と歯茎の隙間の汚れを取り除いてあげることです。歯磨きというから歯だけを磨いている人が多いですが、実は歯と歯茎の隙間を磨くほうが大事なのです。


ぜひ自分の歯磨き方法が正しいかどうか一度確認してみると良いですよ。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。