歯槽膿漏はイソジンで良くなりますか?

歯槽膿漏の原因はさまざまです。


直接的な原因はやはりお口の中にあることが多いです。


特に歯ぐきに炎症を起こすようなお口の中の原因を総称して炎症性の原因とよびます。


この炎症性の原因には歯垢(プラーク)細菌歯石等が主にあげられます。


ではあなたがよくうがいする時使用するイソジンはこのような歯槽膿漏の原因に効くのか?検証していきます。


イソジンってどんな薬?

イソジンは、ポビドンヨードという殺菌・消毒力に優れた成分を配合しています。このポビドンヨードは、ヨウ素の酸化作用を利用した抗微生物成分です。

主にうがい薬として使用したり傷に対する殺菌・消毒に用いたりします。独特な茶色をしていてこれはポピヨドンヨードの消毒作用の活性を示しています。


歯槽膿漏に使用したい時は?

イソジンは歯槽膿漏の炎症性の原因の1つである細菌には効果があるといってよいでしょう。それはイソジンの中のポピドンヨードが歯槽膿漏の原因菌を殺菌・消毒してくれるからです。

使用方法としてはまずうがい薬として使用します。
水60mlに対してイソジンを2~3ml加えます。
お口に適量を含み歯にいきわたらせるようにブクブクうがいをします。
3~5回ブクブクうがいをしたらはきだします。
風邪予防ののどのうがいではないのでお口の中全体にいきわたらせるようなブクブクうがいをします。

次の使用方法として歯槽膿漏のひどい歯ぐきに直接塗るという方法があります。
綿棒を用意しイソジン液を直接含ませます。
イソジンを含ませた綿棒を歯槽膿漏のひどい歯ぐきに塗っていきます。
歯に塗ってもあまり意味ないので歯ぐきのほうに塗るようにしてください。


イソジンの使用だけで歯槽膿漏は改善されません

イソジンが歯槽膿漏の原因菌に効くといっても全ての原因菌に効くわけではありません。歯槽膿漏は歯ぐきの病気がかなり進行した状態です。

イソジンだけ使っていればよくなるか?といえば「少し状態は改善されますが完全によくなることはありません。」とお答えするしかありません。

やはりまず歯医者さんで歯石をとり正しい歯磨きで歯垢(プラーク)を除去しなければ歯槽膿漏は改善されません。イソジンの使用は手助けはしますがそれだけでは不十分ということなのです。


そうは言ってもなかなか歯医者に行く時間が無いという人が多いのも事実です。最近は歯槽膿漏を引き起こす細菌の殺菌力に優れている成分というのもわかってきています。


歯医者に行けない方はそのような成分の含まれている歯周病専用薬用歯磨き粉を使うのも効果的です。特に歯周病菌の殺菌に良いと言われているイソプロピルメチルフェノールという成分が含まれている薬用歯磨き粉の体験記事も書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。