歯槽膿漏と歯周病って何が違うのか?

歯医者に来る患者さんによく質問されるのが「歯槽膿漏と歯周病って何が違うの?」という質問です。


正直、専門的な話をするとかなり難しいです。なのでできるだけわかりやすく要点だけを簡単に説明しますね。


【歯周病】
⇒歯の周りの病気全般のことで歯槽膿漏も歯周病の一種。一般的には歯茎が炎症を起こし腫れたり、出血が起こっている状態を歯肉炎と呼んでいます。その歯肉炎の状態がさらにひどくなった場合のことを歯周病と呼んでいます。

【歯槽膿漏】
⇒歯を支えている骨の部分が溶けていたり、歯茎が下がっている状態のこと。一般的には歯肉炎が悪化して歯周病になり、さらに悪化して歯槽膿漏になることをさしています。


なので歯槽膿漏になっているというのは歯周病の中でも末期の状態だと思っていいです。ここまで悪化してしまうと治ることは無いと思って下さい。


大切なのは今の状態を維持してあげることです。歯槽膿漏になって歯を支えている骨の部分が溶けたからといってすぐに歯が抜けるワケではありません。歯茎をしっかり引き締めていれば歯を支えてくれます。


歯茎を引き締めるためには歯茎の引き締め効果などがある歯磨き粉を使い歯磨きを行うことでより効果が得られます。


歯が残っているならまだ間に合う ⇒ 歯周病専門薬用プロポリスハミガキ




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。