歯槽膿漏で歯が痛いときの対処法

歯槽膿漏は通常きわめてゆるやかにそして確実に悪化していきます。


しかし急性あるいは重症の歯槽膿漏の場合は歯ぐきに痛みを感じたりかんだ時に歯が痛いなどの症状を覚えることがあります。


歯槽膿漏まで歯ぐきの病気が進むと歯ぐきの中にある歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)という骨がだんだんと溶けていき歯を支えきれなくなってしまいます。


その結果として歯がグラグラ動き食物があたったりかんだりすると歯が痛んでしまうのです。


このような時どのように対処したらよいかを紹介します。


歯に負担がかかるような食品は避ける

特に歯槽膿漏で歯が痛い時は硬い食物やかみ切らなければならないような食物は厳禁です。歯に負担がかかり過ぎてますます歯が動き痛みが増してきます。

また刺激のある食物(辛い物や極端に冷たい物)も避けたほうがよいでしょう。アルコール類も飲まないようにしましょう。


お口の中を清潔に保つ

歯槽膿漏で歯が痛いからといって何もしないとますますお口の中が不潔になり細菌が増殖します。かなり軟らかめの歯ブラシで歯磨きをしてお口の中を清潔に保つようにします。

歯ブラシがあたると痛いようなら力を弱めてやさしく磨くようにしてください。どうしても無理な時はイソジンうがい薬等でブクブクうがいをしましょう。

歯槽膿漏専用の薬用歯磨き粉を使うなども効果的です。口コミで評判の歯槽膿漏専用薬用歯磨き粉を使った体験記事も書いているので参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯槽膿漏専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証! 


水で患部を外から冷やす

タオルを水でぬらし中に氷を2~3個入れてお口の外から痛い部分にあて冷やしていきます。なるべくお口を動かさず安静にします。


市販の鎮痛剤を使用

どうしても痛みがひどい場合は応急的に鎮静剤の服用もやむをえません。この場合は薬の用法・用量を必ず守って服用してください。おすすめはロキソニンです。


歯槽膿漏で歯が痛むくらいになると病状にもよりますが自分だけでは対処できないというのが正直なところです。歯槽膿漏専用薬用歯磨きなどを使ってみてもあまり改善されなければ早めに歯医者さんを受診することをおすすめします。

⇒ 歯槽膿漏専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。