歯槽膿漏で歯がぐらぐらだけど治せる?

歯槽膿漏が進行して重症になると歯と歯ぐきの付着が脅かされ深い歯周ポケットができ歯を支えている歯槽骨が溶けて歯がぐらぐらしてきます。


歯がぐらぐらして動くようになると少し噛みしめただけで痛みを伴うこともあります。


このままでは噛みにくく歯を支える組織にも有害であるため歯槽膿漏の治療が必要になってきます。


スケーリングとルートプレーニング

歯槽膿漏の原因である歯面に沈着している歯石と付着している歯垢(プラーク)を取り除くことをスケーリングといいます。歯医者さんや歯科衛生士が手用スケーラーや超音波スケーラーという特殊な器械で専門的に取り除きます。

ルートプレーニングは、歯根表面の汚染されて軟化したセメント質を除去して硬く滑沢できれいな根面にすることをいいます。

通常は歯医者さんが麻酔をしてから歯医者さんか歯科衛生士さんが手用の特殊な器械で行います。歯槽膿漏の原因を取り除いて歯ぐきの治りを促します。


動揺歯の固定

ぐらぐら動く歯に対してかみ合いの安定を図るために数本の歯を連結して固定することをいいます。ぐらぐらの歯を固定することによって歯ぐきの組織への負担を軽減します。

歯を支えている歯槽骨の吸収破壊を防止するばかりでなく積極的に歯槽骨の再生を促します。こうして歯ぐきの組織の回復を図ります。

固定の方法には治療中に一時的に歯を連結して固定させる「暫間固定法」と外すことを前提とせずに行う「永久固定法」があります。「永久固定法」は治療した後もぐらぐらしている歯が十分にものを噛むことができない場合等に行うことが多いようです。


咬合調整

歯槽膿漏で歯ぐきが腫れて歯が浮くと咬むたびに浮いた歯が早くぶつかり強い力を受けます。(早期接触といいます)このような状態が続くと横方向の力を強く受けて歯がぐらぐらしてきます。(咬合性外傷といいます)

このため浮いた歯の咬み合いの部分を少し削り早期接触や咬合性外傷を防ぐことを咬合調整といいます。強く当たっている部分の歯を削りぐらぐらしている歯の安定を図りますので歯医者さんは削り過ぎないよう慎重に行います。


そうは言っても忙しくてなかなか歯医者に行けない人も多いですよね。とりあえずの対処法として歯周病菌の殺菌力に優れている成分配合の歯周病(歯槽膿漏)専用薬用歯磨き粉などを使うと良いですよ。


歯周病(歯槽膿漏)専用薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病(歯槽膿漏)専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。