歯周病菌をなくすことはできるのか?

歯周病菌を完全に除去することができれば歯周病を完治させることも可能ですよね。


それができれば完璧な歯周病予防を実現することもできます。


歯周病菌をなくすことの意味とは?


お口の中には数百種類の細菌が存在しています。そして1mgの歯垢には1億個以上の細菌が生息していると言われています。


これはものすごい数ですよね。


その中の一部が歯周病菌なのです。ですから歯周病菌を完全になくすということはその他の細菌も殺すこととなってしまいます。


そう聞くと「細菌なんだから全部いなくなっていいのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。


しかしながらそう単純な話ではないのです。


お口の細菌には悪いものと善いものが存在しています。いわゆる悪玉菌と善玉菌ですね。これらを全部殺してしまうとお口の中が逆に不健康になってしまう場合もあるのです。


歯周病菌だけ殺せないの?


それなら歯周病菌だけピンポイントで狙って排除してしまえば良い気もしますよね。


それもまた難しいのです。


ですから本当に歯周病菌をなくすのであればお口の中全体に滅菌処理するくらいの処置が必要になります。でもそんなことをしたらデリケートなお口の中が大変なことになってしまいます。


そいういったことからお口の中の歯周病菌をなくすことは不可能と言えます。もちろん歯周病菌の増殖を抑えたり数をある程度減らすことは可能です。


そうした歯周病治療を行っている歯医者さんも沢山いらっしゃいます。最近は歯周病菌の殺菌に優れている成分というのもわかってきています。


その中の一つにイソプロピルメチルフェノールという成分があります。


これは奥まで入り込んだ歯周病菌も殺菌するということで注目の成分です。歯周病(歯槽膿漏)予防や歯周病(歯槽膿漏)改善をうたっている歯磨き粉には入っているはずです。


イソプロピルメチルフェノール配合の歯周病専用薬用は磨き粉の体験記事も書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

⇒ 歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。