歯周病を予防するにはキシリトールチョコを食べると良い?

まさか歯磨き粉でここまで変わるなんて ⇒ 歯周病専門薬用プロポリスハミガキ



歯周病の原因はプラークです。歯の周りに付いているプラークによって歯周病になります。歯周病を予防するためにはプラークの量を減らす、プラークがつかないようにすることが重要です。


プラークの量を減らすには口腔内をキレイにすることが大切です。歯磨き、歯間ブラシ、フロスなどを利用して口の中をキレイな状態にしてあげること。


プラークがつかないようにするにはキシリトールを摂ることがおすすめです。キシリトールを1日3回3ヶ月ほど継続してとっていると効果があると言われています。


キシリトールはプラム、レタス、カリフラワー、ほうれん草、イチゴやラズベリーなどのベリー類などにも含まれています。ただしむし歯予防に必要な量は5~10グラムとされているので、食べ物で摂ろうとするとかなりの量が必要になります。


むし歯予防のためには、チョコやガム、タブレットなどから摂るのが簡単です。


キシリトール製品を選ぶ時は50%以上配合されている製品を選んでくださいね。歯科専用のキシリトール製品などはキシリトール100%などもあり虫歯予防に最適です。


うちの医院で一番人気の商品が歯医者さんが作ったチョコレートです。これとほとんど同じものがamazonでも販売しているのでおすすめですよ。





コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。