年齢を重ねると歯周病になる確率が高まるのはなぜ?

年齢を重ねていくと、身体には様々な変化が生じるものですが、お口の中も例外ではありません。


何らかの歯ぐきの病気、歯周病になる可能性が高まります。


40代以上の80%ぐらいの人が歯周病であるというデータがあります。


では、年齢を重ねると歯周病になりやすい理由を見ていきましょう。


歯ぐきの抵抗力が落ちる


体の他の部分も同じですが、年齢とともに歯の周りの組織や歯ぐきの抵抗力は弱まっていくことが1つの原因として考えられます。


歯周病は、歯垢(プラーク)に存在している細菌が原因で発症しますが、この細菌に対する抵抗力も弱まってきているため、若い頃よりも念入りにケアをしていく必要があるでしょう。


歯の健康に対しての意識の低下


お口の中の健康に対して、若い頃よりも意識が低下してくることも1つの要因です。


若い頃は臭いや見た目などを気にして、丁寧にケアをしていたかもしれません。しかしだんだん「年だからしょうがない」とあきらめることがあるかもしれません。


しかし、意識次第でお口の中を健康に保つことは可能ですから、若い頃以上にお口の中の健康を保つように努めていきましょう。


歯周病は身体に影響を与えるので要注意!


歯周病菌が増えていくと、血液や呼吸器官に取り込まれるため身体に影響を与えます。


心筋梗塞や狭心症、細菌性心内膜症といった病気を起こしやすくなったり、糖尿病を悪化させたりすることがあります。


また、細菌が唾液や胃液とともに肺に入り込んでしまう誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)にかかるリスクも高まり、死に至る可能性もありますから、年配の方は歯周病に特に注意していきましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。