歯のホワイトニングは歯にダメージがある!?

歯を修復しながら白くできる!?
⇒ >>ナノ粒子ハイドロキシアパタイト配合薬用ホワイトニング歯磨き粉<<


ホワイトニングをすると歯が白くなり美しい歯にすることができますがそもそも歯を白くすることは歯にとっていいことなのでしょうか?


ホワイトニングにより歯はダメージを受けないのでしょうか?


ホワイトニングには様々な種類があります。オフィスホワイトニングやセルフホワイトニングがありホワイトニング方法や使う薬剤もいろいろあります。


いずれの方法にしても歯に多少の影響がありダメージはあると言えるでしょう。


ですがそれにより歯が欠けたり虫歯になったり歯を削ったりする必要は無いです。歯がボロボロになる訳ではありません。


例えばオフィスホワイトニングの際は過酸化水素を用いてホワイトニングしていく事があるのですが過酸化水素を用いたことにより知覚過敏になる人もいます


それは過酸化水素が歯の内側の象牙細管というところまでアプローチし歯を白くさせるからです。元々知覚過敏の症状がある人の中にはホワイトニング後にさらに知覚過敏がひどくなることがあります。


ですが知覚過敏は虫歯ではありませんしホワイトニング後にフッ素を塗布すればフッ素は歯の再石灰化を促進して歯の質を強めてくれるのでしみる症状を抑えることができます。


個人差も大きいので全くしみたり痛みを感じたりしないひともいます。


歯のホワイトニングは多かれ少なかれ歯にダメージがあります。強めの薬剤や弱めの薬剤を使ってもどれも全くの無害ではないという点を知っておいた上でホワイトニングを受けるかどうか検討する方が良いでしょう。


ナノ粒子ハイドロキシアパタイト配合薬用ホワイトニング歯磨き粉なら歯を強くしながら白くすることができます。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。