虫歯ではないけど歯茎が痛い時は最悪の場合もっと危険かもしれません

歯磨き粉を変えれば間に合うかもしれません ⇒ 歯周病専門薬用プロポリスハミガキ



「虫歯ではないのに歯茎が痛い」そんなことってありませんか?


虫歯ではないのに歯茎が痛い時は最悪の場合もっと危険かもしれません。なぜかと言うと歯周病になっている可能性があるからです。


年齢を重ねれば体は老化しますよね。歯茎も同じように年とともに老化していきます。


歯茎が腫れたり歯茎から出血がなければご自分ではなかなかわからないので気づかないかもしれません。

歯茎の腫れや出血が無くても歯周病になっていることもあります


セルフチェックする方法は歯磨きをする時に歯ブラシをしっかりと歯と歯茎の隙間にあてて歯を磨いてみてください。


それで痛みがある場合は歯周病になっている可能性が高いです。


応急処置としては「歯周病に効果がある歯磨き粉を使ってみる」ことです。


1ヶ月ほどそれで様子をみて痛みが引けば大丈夫です。それでも痛みがある場合は歯医者に行って診てもらって下さいね。

⇒ 歯周病専門薬用プロポリスハミガキ




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。