歯茎の腫れ・・・考えられる原因は

「あれ?これってもしかして歯周病かな?」と思うポイントがわかれば歯周病の早期発見早期治療にもつながります。


ですのでここでは歯周病の症状を自分でチェックする方法について解説します。


歯茎が赤く腫れている部分はないか?


歯周病の初期症状として歯茎の炎症が生じてきます。


すると歯茎が赤く腫れて見えるようになるので歯周病発症の一つのサインとして捉えることができます。


ただ歯茎というのは元々複雑な形をしていますし毎日に観察していないと腫れたかどうかというのはなかなか見抜くことができません。


本気で歯周病を予防したかったり治療を進めたい人は日々お口の中の写真を撮っておくといいかもしれません。そうすれば歯茎の腫れたり逆に腫れ引いた時にその症状の変化をチェックすることができるのです。


歯磨きの後の出血には要注意!


歯周病にかかると歯茎から出血が起こりやすくなります。


特に出血が起こりやすいのが歯磨きの後です。歯磨き後に歯茎から出血するようであれば歯周病を疑いましょう


その他にも歯周病の症状には歯茎の痛みというものがあります。ものを噛んだ時に歯茎が痛んだり時には安静時に痛むこともあります。


こういった症状を日々チェックしていると歯周病の有無を判断できるようになりますよ。


日頃から歯周病菌の働きを抑える効果が高い薬用歯磨き粉を使って歯磨きをすることで歯周病を予防することができるのでぜひ歯磨き粉の成分も気にしてみて下さい。


どんな歯磨き粉が歯周病の働きを抑えるのかについても書いているので良かったらそちらも参考にしてみて下さい。

⇒ どんな歯磨き粉が歯周病に良いのか?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。