歯茎の腫れの痛みの原因は?

もし歯茎が腫れかつ痛みもあるのなら体の疲労など体調不良も影響しているかもしれませんが主な原因は歯周病もしくは歯の根っこにできた病巣(ばい菌のかたまり)が原因でしょう。


もし歯周病が原因で歯茎が腫れまた噛んだ時に痛みがでているならおそらく中度から重度の歯周病だと考えられます。


歯茎は健康な状態であれば腫れたり痛くなったりすることは全くありません。


歯周病は初期段階ではまず歯茎が炎症を起こし歯茎から出血したり腫れたりします。


これは歯茎の歯周ポケットの中に歯周病の原因菌が入り込んだことによります。


そしてさらに歯周病菌が中に入っていくと歯茎だけでなく歯を支える骨である歯槽骨まで影響していきます。


歯周病菌はその歯槽骨を溶かしてしまうので徐々に歯がグラグラしてきます。これが噛んだ時に歯茎が痛む原因です。


歯周病が進行したことにより通常の噛む力に耐えられるはずの歯槽骨の量が少なくなってきているのでこうした症状が生じます。


もう一つの原因として考えられるのは歯の根元に歯周病菌が溜まっていることにより腫れる根尖病巣ですがこれは歯の神経がすでに死んでしまっている場合が多いので痛みは感じないことが多いです。


もし神経がまだ生きていたら根尖病巣により腫れたり痛んだりすることもあります。またもし歯周病なら歯茎の上側(歯のすぐまわりの歯茎)が腫れます。


根尖病巣は歯の根元なので歯より一センチくらい下側の歯茎が丸く膨らんでいたらそれは根尖病巣が考えられます。ここまでくると正直すぐにでも歯医者に行って診てもらいたいというのが歯科衛生士としての意見です。


しかしいろいろな事情によっていますぐ歯医者には行けないという方もいらっしゃいますよね。


その場合は緊急の対応策として歯周病菌の殺菌力が優れている成分が配合されている歯周病専用の薬用歯磨き粉を使って歯磨きをすることをおすすめします。


特にイソプロピルメチルフェノールという成分は歯茎の奥まで入り込んだ歯周病菌にも届くということで注目されている成分です。


このような成分が含まれている歯周病専用の薬用歯磨き粉を使用することで歯周病菌の働きを抑えることができるからです。実際にイソプロピルメチルフェノール配合の歯磨き粉を使った体験記事も書いているのでそちらも参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


あなたの歯茎の腫れが早く良くなることを願っています。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。