歯茎の出血が治らない時の対処法

「歯茎の出血が治らないのですが・・・」と患者さんから質問されることがたまにあります。


まず歯茎から出血が起こる原因は歯茎が炎症を起こしているからです。


炎症を起こす理由は細菌が増えているからです。


炎症を治すためには歯磨きをするしかありません。


きちんとした正しい歯磨きをして歯周病菌の数を減らせば歯茎の出血は治ります


きちんとした正しい歯磨きのポイントは3つあります。

【歯と歯茎の隙間を磨く】

歯磨きと言うと歯を磨くことだと思いかちですが正しい歯磨きというのは歯茎磨きだと思って下さい。

歯ブラシを斜めにあてて歯と歯茎の隙間の汚れを取り除くような感じで磨きます。下の画像をクリックすると大きな画像で見れるので参考にして下さい。




【優しく磨く】

強く磨くと汚れが落ちる気がしますよね。でも強く磨くのは厳禁です。強く磨くことで歯と歯茎を傷つけてしまいます。歯磨きは優しく細かく動かすのが大切です。


【丁寧に磨く】

歯磨きの時間ってどれぐらいやってますか?

口の中が爽快になったら終わる人が多いですがそれでは短すぎます。ぜひ自分の歯磨きの時間を計ってみてください。最低でも3分は歯を磨いてほしいです。


さらに効果的に炎症を治したいのであれば歯周病菌の殺菌力が高い成分が含まれている歯磨き粉を使うと良いでしょう。


いま注目されている歯周病専用の薬用歯磨き粉を使った効果についても書いてるので良かったらそちらの記事も参考にしてみて下さい。歯茎の出血が早く治ると良いですね。

⇒ 歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。