歯茎が痛いせいで噛めないけどどうしたら良い?

噛めないほど歯茎が痛いというのはつらい症状ですね。


歯茎の炎症が相当ひどくなっているのでしょう。


今は痛みのせいで噛めない状態だと思いますが歯や歯茎のために今後もなるべく噛まない方がいいです。


どうしても痛むなら痛み止めを飲んで一時的に痛みを軽くできますが早く歯医者にかからないとさらにひどい状態になりかねません。


いま痛いのは一番奥の歯でしょうか?


もし一番奥の歯が痛いなら親知らずが原因で歯茎が痛くて噛めないということがあります。


親知らずが生えてきはじめる段階で歯茎はポッコリ穴が開いたような感じになります。親知らずが生えきる前にそのスペースに食べかす等の汚れが入ってしまうと炎症の原因になります。


また親知らずが生えた後でも歯ブラシが届かないせいでやはり汚れがたまってしまい歯茎が炎症を起こすこともあります。


どちらも場合によっては親知らずを抜くことになるかもしれません。


もし親知らずではない歯茎が痛いのであれば恐らく歯周病(歯槽膿漏とも言う)が原因でしょう。


歯周病が重度になると歯茎が痛くて噛めなくなってきます。噛んで痛いほど進行しているとなると最終的に抜歯も考えられるかもしれません。


ですがまずは歯に付いた歯石を取って歯茎の様子を見ることもできるでしょう。


どんなに噛めないほど歯茎が痛くても歯ブラシでやさしくブラッシングすることだけは欠かさずに続けていってください。


キレイにしないと歯周病菌が繁殖してしまいさらにひどくなってしまいます。歯茎が痛い時の歯磨きの方法についても書いているのでそちらも参考にすると良いですよ。

⇒ 歯茎が痛いけど歯磨きはどうしたら良いの?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。