歯茎が痛いけどいつまでこの痛みは続く?

歯茎は一度痛くなると何日か痛みが続くでしょう。


ですが何日で痛みがなくなるかは分かりません。


それに歯茎はまた痛くなったり痛くなくなったりを何回も繰り返します。


もし今歯茎が痛いなら以前にも歯茎が痛くなったことはありませんでしたか?


そのように何回も繰り返す歯茎の痛みはそのままにしていても治りません。もし自然に痛くなくなってもそれは歯茎の状態が良くなったからとは限りません。


歯茎の痛みは歯周病が大きく関係!


歯周病の人はそもそも歯茎の状態がよくありませんが実は歯茎の痛みがでるずっと前から歯周病にかかっているのです。


もともと歯周病は大きな自覚症状がないままどんどん進行していくとても怖い病気です。


体が健康な時は歯茎も何も異常がないと思えるのですがたまに体調が悪い時や風邪をひいて抵抗力が落ちている時などにやっと歯茎が悪いサインを出し始めます


その時に初めて歯茎が痛いと感じるのです。


歯茎の痛みを一時的に感じなくするなら薬を飲むことですが痛みの原因そのものをなくしたいなら歯のクリーニングをしてもらい歯周病の治療をすることです。


歯のクリーニングでは主に歯石を除去してもらいますが必要な人には同時に歯ブラシ指導もしてくれます。歯のクリーニングをしたことによって歯茎の痛みが無くなってきたなら歯茎の状態が良くなってきた証拠です。


歯科衛生士として本音を言えば痛みを感じたらすぐにでも歯医者に行ってもらいたいです。しかし仕事が忙しかったりなかなか時間が取れなくて歯医者に行けないという人も多いです。


そこで自分でできる改善策としては歯磨きをしっかり行い歯周病菌を殺菌してあげることです。その際に歯周病専用の薬用歯磨き粉などを使うことで効率よく殺菌することができます。


歯周病菌の殺菌に優れている成分についても書いているのでそちらの記事を参考にしてみて下さいね。


あなたの歯茎の痛みが早く和らぐことを願っています。


⇒ 歯周病菌の殺菌力に優れている成分とは?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。