歯茎から血が出るのはなぜ?

歯茎から血が出るならまず歯周病(歯槽膿漏ともいう)を疑ってください。


そもそも健康な歯茎から血が出ることはありません


歯茎から血が出たり腫れたり歯茎の色がピンク色ではなく赤くなったりすることはどれも歯茎が炎症を起こしているサインです。


歯ブラシをした時かどうかに関わらずこれらの症状がみられるのは危険です。


どうして歯茎から血が出てくるのでしょうか?


それはブラッシング方法が間違っていたからかもしれません。ブラッシングがきちんと出来ていないとプラークという細菌の集まりがどんどんたまって汚れていきます。


プラークは歯周ポケットという歯と歯茎の境目にあるわずかな隙間にも入ってしまいます。歯周ポケットに入ったプラーク中の細菌はさらに歯茎の中を走っている細かい毛細血管にも入っていきます。


悪い細菌を追い出そうと歯茎の血管中では細菌と戦い始めます。そういったプロセスがあり結果として血が出たり歯茎が腫れたり等の症状に現れていくのです。


いま歯茎から出てくるのは簡単に言えば悪い血です。歯茎に歯ブラシでも何が触れてもすぐに血が出てくると思いますが血が出てきても気にせずにブラッシングをして下さい。


柔らかい歯ブラシを歯周ポケットの部分にしっかり当てて磨いていけば出血も少しずつしなくなっていきます。そうなるまで毎日ブラッシングして下さい。


さらに効果的に改善したいのであれば歯周病菌の殺菌力に優れている成分が含まれている薬用歯磨き粉などを歯磨きの時に使うと良いでしょう。


歯茎の奥まで入り込んだ歯周病菌も殺菌するということで特に注目されているのがイソプロピルメチルフェノールという成分です。


このイソプロピルメチルフェノールが配合されている歯周病専用の薬用歯磨き粉についても書いているのでそちらも参考にしてみると良いですよ。

⇒ イソプロピルメチルフェノール配合の薬用歯磨き粉の効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。