歯茎から膿が出るけど痛くないけど何で?

歯茎から膿が出るけど痛くないということが実は結構多いです。


膿が出ることと歯茎または歯が痛むことは大きな違いがあります。


ですが痛くないから大丈夫なのだと思わないで下さい。


膿が出るというのは大丈夫どころか相当状態が悪いと思ってもらった方がいいです。


そもそも膿が出るのは歯の根元の中側に溜まった膿が外側に溢れ出てきているからかもしれません。または歯周病が進行していて歯茎の状態が悪くなっているからかもしれません。


もしくは別の原因があるかもしれませんのでまず歯医者に行って原因を調べてもらう必要があります。


痛みを感じるのは虫歯が進行してきている過程でよくあることですがもし歯の神経が死んでしまうと一切痛みは感じなくなります。


先ほど述べた根元に膿が溜まっているという事も虫歯がかなり進行してきてしまった結果そうなることがありますがこの場合すでに歯の神経が死んでしまっていることが多いです。


これが歯茎から膿は出てくるが歯の中の神経はすでに虫歯菌によって殺されてしまっているので痛みは感じないという症状です。


まだ歯の神経が生きている間は虫歯菌が徐々に歯の神経まで侵食してきた時に多少は歯の痛みを感じていたはずです。


それらをすでに経過しているほど虫歯のステージが進んでいるので今はもう痛くないというだけにすぎません。ここまで来ると歯の中がもうボロボロになっている可能性も十分考えられます。


歯科衛生士としては「今すぐに歯医者に行って下さい!」と言いたいところですが仕事が忙しくて歯医者に行けない場合もあると思います。


このまま放置しておくと残っている歯までダメージを受けます。


もし今すぐに行くことはできないというのであればせめて応急処置として口腔内の細菌の殺菌力に優れている優れている歯周病専用薬用歯磨き粉の利用をおすすめします。


歯周病菌の殺菌力に優れている歯周病専用薬用歯磨き粉の体験レビューも書いているのでそちらも参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病専用薬用歯磨き粉を実際に試してその効果を検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。