歯茎から膿が出るけど歯磨きをしても良いの?

歯周病は進行の程度によって軽度~中等度~重度に大まかに分かれます。


歯ぐきから膿がでるのは歯周病がかなり進んだ状態です。


中等度~重度だと考えてよいでしょう。


歯周病ということばが普及する前まではよく歯ぐきの病気といえば「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていましてた。読んで字のごとく「歯ぐきから膿が漏(も)れる」状態のことです。


『歯槽膿漏(しそうのうろう)』は歯周病の1つの進行段階のことで正式な病名ではありません。まさに歯周病で膿のでる状態を指しています。


ではどうして歯ぐきから膿がでるのでしょうか?


歯磨きが不十分だと歯垢(プラーク)の中の歯周病菌の影響で歯ぐきに炎症が起こります。この段階では痛みがないためそのままにしておくと炎症がさらに進み歯と歯ぐきの間に歯周ポケットという細くて深い溝ができます。


歯ブラシではその部分の汚れが磨きにくくなり歯周病菌がますます繁殖するようになります。こうして歯ぐきから膿や血がでるようになってしまうのです。この状態では口臭もひどくなります。


だれでも歯ぐきから膿がでると歯磨きをためらいますよね。


このままためらって歯磨きをしないでいるとますます歯周病菌が増え歯周ポケットは深くなり歯ぐきの骨の歯槽骨(しそうこつ)が溶けて歯がグラグラし物が噛めなくなってしまいます。


歯ぐきから膿がでるからと歯磨きをしないと大変なことになるのです。


歯ぐきから膿がでる時の歯の磨き方を紹介します。


まずかなり軟らかめの歯ブラシ(硬いと歯ぐきを傷つけます)を歯と歯ぐきの境目にあてます。歯ブラシをあてたまま左右に振動させるように動かして磨きます。


この方法で磨いて痛いようなら歯ブラシの方向を逆にして歯ブラシの毛の腹を歯ぐきにあてるようにして歯ぐきマッサージをするように磨いてもよいです。


くれぐれも強い力で磨かないようにしてください。


歯周病で歯ぐきから膿がでる状態はかなり進行した状態ですので一度歯医者さんに行って適切な処置をしてもらった後に正しく歯磨きをすることがベストです。歯医者さんではあなたの歯や歯ぐきの状態にあった歯の磨き方も指導してくれるでしょう。


そうは言ってもなかなか歯医者に行く時間が無いという方もいると思います。その場合は歯周病菌の殺菌力が高い歯磨き粉などを使うのも良いでしょう。


歯周病菌の働きを抑える歯磨き粉についても書いているので良かったらこちらの記事を参考にしてみて下さい。

⇒ 歯周病菌の殺菌力が高い成分とは?


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。