歯の黄ばみを防ぐ方法とは

歯が黄ばんでくるのはお手入れ不足もありますが日々口にする食べ物や飲み物にも大きな原因があります。


食品が持っているステインという着色物質が歯の表面のタンパク質と結びつき蓄積してしまいます。


私たちは歯が着色してしまう食品が大好きですよね。


たとえばコーヒー・緑茶・紅茶・赤ワイン・カレー・キムチ・ケチャップ等です。さらにこれらの食べ物・飲み物は毎日(もしくは定期的)に口にしたくなります。


ではこれらの歯の黄ばみの原因を防ぐ簡単な方法を紹介します。


緑茶・紅茶・ウーロン茶をカモミールやミント等のハーブティーに変えます。緑茶・紅茶・ウーロン茶等は茶シブが付きやすい飲み物です。


緑茶にはカテキンが含まれ紅茶やウーロン茶ならタンニンが茶シブをつくるポリフェノールです。このポリフェノールは健康によいことが証明されていますが茶シブの正体でもあるのです。


そこでカモミールやミント等のハーブティーをおすすめします。これらのハーブティーにはタンニンやカフェインが含まれていないので茶シブが付きにくく歯の黄ばみを防ぐことができます。


着色しやすい食品を食べた時にはなるべくすぐに口を水でゆすぐ

一番の理想はすぐに歯を磨くことですがなかなかその時間が取れないことが多いでしょう。そのような時はなるべくすぐにお口を水でゆすぐことをおすすめします。

またお口をゆすぐ時間もない時には水をお口に含んでお口の中全体に行き渡らせそのまま飲んでしまってもよいです。

着色しやすい食べ物を食べた後は常にお口の中を水でケアするよう心がけるだけでも歯の黄ばみを防ぐことができます。


綿棒を持ち歩く

常に綿棒を携帯し着色しやすい食品を食べたり飲んだりした後は歯の表面をぬぐうようにしましょう。綿棒でこすっても歯の表面を傷つけることはありません。

また歯と歯の間にはさまった食べ物も細い綿棒で取り除くことができます。綿棒は小さくて軽いのでバッグの中に入れて簡単に持ち歩くことができます。


かみごたえのある食べ物を一緒に食べる

かみごたえのある食べ物はだ液の分泌をよくします。だ液には殺菌作用と歯の汚れを落とす作用があります。

だ液は「天然のデンタルリンス」と言われています。着色しやすい食品を食べたり飲んだりする時に一緒にかみごたえのある食べ物を食べるとだ液がたくさんでて歯の黄ばみをを防ぐことができるのです。

手軽に食べられるかみごたえのある食品にはナッツ類やドライフルーツ・たくあん・ごぼう・ニンジン等があり「するめ」や「さきいいか」は特におすすめです。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。