歯ぐきが痩せる?その原因は?

つまようじで歯と歯の間を掃除してみてください。


白いネバネバした糊のようなものがとれませんか?


それが歯垢(プラーク)です。


歯周病で歯ぐきが痩せる原因はこの歯垢(プラーク)の中にいる細菌が原因なのです。


歯茎が痩せるのを防ぐ=歯周病菌を殺菌!


歯垢(プラーク)は細菌の塊

歯垢(プラーク)は単なる食べカスではありません。その食べカスをエサに増えた細菌の塊です。1mgの中には約10億の細菌がいるといわれています。

歯垢(プラーク)をそのままにしておくとネバネバした物質を出す細菌がいて歯と歯ぐきのすき間にこびりついてしまいます。歯垢(プラーク)は免疫細胞である白血球を通さないので細菌には絶好の住みかとなりどんどん増殖していきます。

この細胞集団がだす毒素が歯ぐきやその周りに炎症を起こし歯ぐきの中の歯を支える骨(歯槽骨)を蝕み歯ぐきが痩せてくるのです。


歯周ポケットがだんだん深くなり歯ぐきが痩せる

歯垢(プラーク)は歯と歯ぐきのすき間にこびりついてしまうとだんだんと歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)が深くなってきます。

また歯ぐきの炎症によって歯周組織が侵され歯ぐきの中の歯を支える骨(歯槽骨)が溶けてきます。

さらに進行すると歯周ポケットがより深くなり歯ぐきの中の歯を支える骨(歯槽骨)の吸収が進んできます。この段階になると歯ぐきから膿が出て歯ぐきはますます痩せてくるという悪循環に陥ってしまいます。


歯を支え切れないほど歯ぐきが痩せる

重症化すると歯ぐきの中の歯を支える骨(歯槽骨)が失われ歯ぐきは究極的に痩せてしまいます。歯は土台を失い抜け落ちてしまいます。


歯茎の痩せを防ぐには?

では歯茎が痩せるのを防ぐにはどうすれば良いのか知りたいですよね。


歯周病菌を殺菌する!

口の中にいる歯周病菌を殺菌して細菌の数を減少させることが重要です。そのためにはきちんと歯磨きをすることが大切なのですがほとんどの方はちゃんと歯磨きをしているはずです。


実は市販の歯磨き粉では歯周病菌を殺菌する効果は少ないと言われています。だから最近はドラッグストアでも歯周病専用薬用歯磨き粉などが売られていますよね。


最近の研究で歯周病菌の殺菌力に特に優れているのがイソプロピルメチルフェノールという成分です。


なので歯周病専用薬用歯磨き粉を買う時はイソプロピルメチルフェノールが入っているか確認して買うと良いですよ!

⇒ イソプロピルメチルフェノール配合の薬用歯磨き粉実際に試してみた


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。