歯が浮く感じで歯が痛いけど原因は?

寝不足や身体が疲れてストレスがたまった時等に歯が浮く感じで歯が痛んだことはありませんか?


身体が疲れると細菌に対して抵抗力が落ちるため歯が浮く感じで痛みがでることがあります。


この症状の原因について紹介するので参考にしてみて下さい。



⇒ 歯周病菌を殺菌!!歯茎の炎症を抑える薬用歯磨き粉はコチラ



根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)


根尖性歯周炎は虫歯が神経(歯髄)まで達しだんだん歯の神経から歯の根の先まで感染が進みます。さらに歯の根を超えて歯ぐきの中の歯を支える骨(歯槽骨)まで達した場合に起こります。


また虫歯で神経を取って治療した歯の根元から細菌感染して歯の根の先から歯ぐきの中の歯を支える骨まで達した場合にも起こります。


慢性の場合と急性の場合があり急性の場合は歯が浮く感じで強い痛みがあります。慢性根尖性歯周炎から急性根尖性歯周炎に変化する場合もあります。


歯の根の先に膿の袋ができ歯の根の先が腫れてきます。急性根尖性歯周炎の痛みは虫歯で歯の神経が痛むよりもヒドイ場合があります。


辺縁性歯周炎(へんえんせいししゅうえん)


一般的に歯周炎とよばれる歯ぐきの病気から歯が浮く感じで痛みがでてきます。歯ぐきの病気が進行して歯ぐきが腫れ膿が出てきて歯ぐきの中の歯を支える骨が溶けてきます。


このため歯がグラグラと動いてきます。咬み合わせると痛みを感じて歯が浮いたようになります。


ブラキシズム(お口やその周辺にみられる習慣的なクセ)


ブラキシズムの代表は「歯ぎしり」や「かみしめ」です。ブラキシズムは歯や歯ぐきやその周辺組織にさまざまな弊害を及ぼします。


ブラキシズムは自分ではあまり自覚症状がないため歯が浮いて痛みが出て初めて気づく場合があります。


特に歯ならびの悪い方は一部の歯にのみブラキシズムにより強い圧力がかかり歯が浮いたような痛みがでることが多いようです。


また歯周炎にかかっている歯にさらにブラキシズムいよって大きな力が加わると急速に歯が浮いたような痛みが起こりやすくなります。
 

歯が浮く感じをそのままはNG!


そのうち治るだろうと思ってそのままにしておくのだけは絶対に止めたほうが良いですよ。痛みを感じていると言う事は必ず原因があります。


その原因を放っておくと悪化するだけです。


しばらくすると痛みが治まる場合もありますがそれは神経が完全に死んだせいで痛みを感じなくなっただけで治ったワケではありません。


このように歯が浮くような感じで痛みがあると言ってもいくつか原因があります。本当なら早急に歯医者に行って診てもらって欲しいです。


痛みは『早く治療して』というサインです。できるだけ早く対処して下さい。


そうは言っても時間がなくてなかなか歯医者にいけないという方もいらっしゃいますよね。その場合はとりあえず歯周病に効く歯磨き粉を使って歯を磨くと良いでしょう。


なぜ歯周病に効く歯磨き粉を使うと良いのか?


歯周病菌が増えると歯茎に炎症が起こり痛みが発生します。


歯周病菌の増加 ⇒ 炎症が起こる ⇒ 痛みを感じる


つまり歯が浮くような感じの痛みを解消するには歯茎の炎症を抑えるために歯周病菌を殺菌して減少させることが重要なのです。


歯周病菌の殺菌力に優れている成分にイソプロピルメチルフェノールという成分があります。


イソプロピルメチルフェノールは歯茎の奥まで入り込んだ歯周病菌も殺菌してくれます。


歯周病専用歯磨き粉を選ぶ時はこの成分が含まれているか確認すると良いですよ。

⇒ 歯科衛生士がおすすめする本当に歯周病に効く歯磨き粉がこちら

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。