うがい薬で歯を白くすることはできる?

最近は色々な成分が含まれたうがい薬が販売されています。


そうした市販のうがい薬で歯を白くすることは可能なのでしょうか。


うがい薬はお口の中全体を満遍なく洗浄できる液体です。


ですからお口の粘膜や歯に対して強い刺激を与えるような成分は含まれていません。


効果としてはお口の中に生息している細菌を一定数殺したり食べカスや歯垢などを洗い流すくらいです。そのためうがい薬に歯のホワイトニング効果を期待するのは難しいと言えます。


歯が着色する原因には歯垢や歯石も含まれます。


うがい薬を使用すると歯垢や歯石が沈着しにくくなるためそういった意味では歯を白くする効果があると言っても良いでしょう。


歯垢や歯石には着色性の物質を吸着しやすい性質がありますのでそれを溜めこまないようにすることは非常に重要です。当然ですがそうすることで虫歯や歯周病予防にもつながりますので良いこと尽くしなんですね。


ただしうがい薬を使うとそれだけでお口の中がさっぱりしてしまいます。するとそのあとの歯磨きが適当になってしまうこともありますので注意が必要になります。


なるべくお金をかけずに簡単に歯を白くしたいのならホワイトニング歯磨き粉などを使うのが良いでしょう。


評判のホワイトニング歯磨き粉の体験レビューも書いているのでそちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ ホワイトニング効果が高いと評判の薬用歯磨き粉を実際に使って検証!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。