子供は虫歯になりやすいの?

あなたは子どものころ歯磨きが大好きでしたか?


「はい大好きでした」と答える方は少ないのではないでしょうか。


しかし「子供の歯は虫歯になりやすい」って知ってましたか?


なぜ子供は虫歯になりやすいのか?を紹介するのでぜひ子どもの虫歯予防の参考にしてみて下さい。


乳歯(子供の歯)は虫歯になりやすい!

乳歯(子供の歯)は永久歯(大人の歯)と歯の基本のつくりは変わりません。乳歯(子供の歯)も永久歯(大人の歯)も歯の中心に神経(歯髄)があります。

この歯の神経(歯髄)のまわりには象牙質があり一番上にエナメル質という層があり歯を守っています。

しかし乳歯(子供の歯)は歯の神経(歯髄)が大きく象牙質やエナメル質の厚さが永久歯(大人の歯)より薄いという特徴があります。

したがってもし乳歯(子供の歯)が虫歯になってしまうと短時間で虫歯が進行して歯の神経(歯髄)まで達してしまいます。

さらに子供(特に幼児)は痛みえを伝える神経が未発達なため虫歯がかなり進行した状態で虫歯に気づくことも少なくありません。
 

子供はまだ自分自身でしっかり歯を磨けない!

子供の時はまだ自分だけではしっかり歯垢(プラーク)を除去することはできません。特に赤ちゃんや幼児はなおさら自分で歯磨きすることができません。

乳歯(子供の歯)のエナメル質は完全に成熟するのに1年半~2年くらいかかります。

エナメル質は歯の一番上で歯を守っている層ですので親がしっかり歯垢(プラーク)を除去してあげないとすぐに虫歯になってしまいます。

また乳歯(子供の歯)が生えそろいそろそろ永久歯(大人の歯)が生える年齢の子供でも十分に歯磨きをすることができません。

子供が磨いた後に親が「仕上げ磨き」をすることをおすすめします。


6才臼歯は乳歯(子供の歯)の一番奥に生える

永久歯(大人の歯)で一番最初に生えるのが6才臼歯です。だいたい6才くらい(小学校入学頃)に生えてくるのでこのように呼びます。

この6才臼歯は乳歯(子供の歯)列の一番奥に生えてきます。

生え始めは歯の頭の部分から生え徐々に出てきます。当然生え始めは歯の頭の部分が一番奥の乳歯(子供の歯)より低い状態になります。

このため永久歯(大人の歯)の中で一番虫歯になりやすい歯になります。


このように子供のころはいろいろな条件が重なり総じて「虫歯になりやすい」といえます。親が特に気をつけてあげるようにしてください。


今注目されているのが虫歯菌を除去する成分が配合された虫歯予防歯磨き粉ブリアンです。


これは世界で初めて商品化に成功した商品で子どもの虫歯を予防したいという多くのお母さんたちが実際に使って評判になっている歯磨き粉です。


実際にわたしもブリアンを子どもに使って検証してみたのでそちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 子どもの虫歯予防にブリアンが良いか検証してみた!(画像付き)


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。