子供の虫歯対策はどんなことをすれば良い?

虫歯対策というとまず「歯磨き」を思い浮かべますよね。


子供の虫歯対策にももちろん一番大切です。


乳歯(子供の歯)が1本でも生えたらすぐに「歯磨き」が必要です。


そのほかにも子供の虫歯対策はいろいろあります。その方法を紹介するのでぜひ試してみて下さい。


「歯磨き」

乳歯(子供の歯)は生後5~6カ月になると生えてきます。

この時期から「歯磨き」が必要になりますができたら歯が生え始める前の時期からガーゼ等でお口の中を拭いてあげることをおすすめします。

当然ですが大人(保護者)が磨いてあげることになります。

毎日きちんと磨くことで虫歯菌(ミュータンス菌)のかたまりである歯垢(プラーク)を取り除くことができお口の中が清潔になり虫歯対策ができます。


「フッ素塗布」

虫歯対策に「フッ素」はよく知られるようになってきました。

「フッ素」が歯に取り入れられると歯の一番上の層であるエナメル質が強くなり虫歯になりにくい歯になります。

毎日「フッ素」入りの歯磨き剤を使ったり歯医者さんで「フッ素」を塗ってもらうことをおすすめします。


「正しい食生活」

子供の虫歯対策には「正しい食生活」が特に大切になります。それは子供のころはおやつを食べるため甘い食べ物を取り入れやすいからです。

甘い食べ物は量よりも回数を減らしてください。ダラダラ甘い食べ物を食べるのが一番いけません。

甘い食べ物を取る時は時間を決めてデザートとして取る等工夫しましょう。また噛みごたえのある食事を出してあげるようにしてください。

噛みごたえのある食事はだ液がたくさん出て虫歯対策になります。


「歯医者さんで定期健診」

子供の虫歯対策には、「小児歯科」と表記している歯医者さんで「定期健診」を受けることをおすすめします。

子供の虫歯は進行が早く気がつかないことも多いので是非歯医者さんで定期的に診てもらいましょう。

また気がつきにくいところが磨けていない等の歯磨き指導もしていますので歯磨き指導も是非受けてください。


「キシリトール」

「キシリトール」には虫歯菌(ミュータンス菌)の活動を抑えたりだ液の分泌を促す働きがあります。

この「キシリトール」の入った商品にはガム等があり乳歯(子供の歯)が生えそろった頃からの子供の虫歯対策にはおすすめです。
 

子どもの虫歯が無いというのは健康に良いというだけでなく子どもに自信を付けさせることもできます。そういう意味でも子どもの歯を虫歯0にしてあげてくださいね。


虫歯菌を除去する成分が含まれている世界初の虫歯予防歯磨き粉ブリアンを実際に使ってみた体験記事も書いているのでそちらも参考にしてみて下さい。


子どもの歯磨きを手抜きしたいお母さん必見です(笑)

⇒ 子どもの虫歯予防にブリアンが良いか検証してみた!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。