子供の虫歯を放置しておくとどうなるの?

人は一生のうちで1回だけ歯が生え変わります。


乳歯(子供の歯)から永久歯(大人の歯)への生え変わりです。


乳歯(子供の歯)はいずれ抜けてしまいます。


そのため子供の虫歯は放置しても良いと考えているお母さんが意外と多いですが実際に子供の虫歯を放置するとどうなるのかについて紹介します。


お口の中の環境が悪い中で永久歯(大人の歯)が生えてしまいます!


乳歯(子供の歯)は永久歯(大人の歯)へ一度だけ生え変わります。しかし永久歯(大人の歯)は二度と生え変わることはありません。


もし虫歯や歯周病等で永久歯(大人の歯)を失ってしまったらそこにはもう歯は生えてきません。一見すると子供の虫歯と関係ないように見えます。


しかし乳歯(子供の歯)が虫歯ならお口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)はいつまでも残り増殖します。つまりお口の中の環境が虫歯菌(ミュータンス菌)の多い汚れた環境ということなのです。


口の中が虫歯環境で永久歯(大人の歯)が生えたらどうなる?


永久歯(大人の歯)は6歳臼歯とよばれる歯が6歳くらいに最初に生えてきます。


当然ですが虫歯菌(ミュータンス菌)の多い環境の中で生えてきた永久歯(大人の歯)は虫歯になりやすいということになります。


6歳で生えてきた永久歯(大人の歯)はもう生え変わりません。6歳からずっと一生使わなければなりません。


乳歯の虫歯を放置すると永久歯も虫歯に!



永久歯(大人の歯)の歯並びを悪くします


乳歯(子供の歯)の虫歯を放置すると本来正しい位置に生えてくる予定の永久歯(大人の歯)が正しい位置に生えてこないため歯並びが悪くなります。


これは乳歯(子供の歯)の虫歯を放置したため歯がボロボロになりそこにスペースができ本来の歯のスペースが保てず曲がったり重なったりして永久歯(大人の歯)が生えてくるためです。


そこで永久歯(大人の歯)の歯並びを良くしようとすると矯正治療が必要になってきます。矯正治療は健康保険がききませんから治療費が高額になってしまいます。


このようにいずれ生え変わる乳歯(子供の歯)ですが、虫歯のまま放置すると大変なことになってしまうのです。


だから子どもの歯磨きって大切なんです。でも虫歯予防は大切ってわかっていても子どもに歯磨きさせるのって大変ですよね。


そんなお母さんの悩みを解決してくれるのが虫歯菌を除去してくれる世界初の歯磨き粉『ブリアン』です。




ブリアンをオススメしたのは現役歯科医!


プライベートでも遊んだりする仲の良い女性の歯科医師がいるのですがそのドクターがブリアンを教えてくれたんです。


ドクター「うちの娘に使わせたら虫歯にならなくなったの!ビックリだよね。おかげで今は歯磨きがスッゴイ楽♪絶対マユユも使ったらいいよ!」


試しに私も子どもに使わせたらホントに良い♪


子どもの虫歯に悩んでたママ友に「とりあえず60日間の返金保障付きだから実質無料で試せるよ♪」って紹介したら先日こんなメッセージがラインに↓




今なら60日間返金保証付きなので実質無料で試せるチャンス!返金保証はいつ終わるかわからないので必ず自分で確認してくださいね。

⇒ 60日間返金保障付きで試せるか確認するならコチラ

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。