子供の虫歯はどんな影響があるの?

子供のお口の中は幼児期は乳歯(子供の歯)で学童期になると永久歯(大人の歯)に生え変わってきます。


乳歯(子どもの歯)はいずれ抜けてきます。


乳歯(子供の歯)は虫歯になっても痛みがないようならほっておいて良いのでしょうか?


よく歯医者に来るお母さんに「どうせ生え変わるんだから・・・」と言われることがあります。子供の虫歯をそのままにしておくとどんな影響があるのかを紹介します。


乳歯(子供の歯)をそのままにしておくと虫歯菌が増える!


お口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)は乳歯(子供の歯)の虫歯をそのままにしておくと増え続けます。


虫歯で乳歯(子供の歯)が全て抜けたとしてもお口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)は無くなりません。


このため次に生えてくる永久歯(大人の歯)は虫歯菌(ミュータンス菌)の多い環境の中で生えてくることになります。


永久歯(大人の歯)が生える時はいきなりすぐに全体が生えるのではなくまず歯の頭が出てきて徐々に全体が生えてきます。


この少し頭を出した状態でお口の中が虫歯菌(ミュータンス菌)の多い環境だったらどうでしょうか?


当然ですが初めから永久歯(大人の歯)が虫歯になりやすいリスクを負っていることになります。


「永久歯(大人の歯)が頭を出し徐々に全体が出てきた時点でもう虫歯になってしまっている」という事態になりかねないのです。


また乳歯(子供の歯)がひどい虫歯で抜けてしまうとその後には弱い永久歯(大人の歯)が生えてしまうことになります。


弱い歯は糖分に弱いだけでなくいち早くダメージを受けてしまい虫歯になりやすくなってしまうのです。


子どもの虫歯を効率的に予防する方法として今注目されているのが虫歯菌を除去する歯磨き粉「ブリアン」です。


実際にブリアンを使ってその効果を検証しているのでそちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 子どもの虫歯予防にブリアンが良いか検証してみた!


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。