子供の虫歯って体質とかもあるの?

「私は虫歯が多いのでこの体質が子供にも遺伝したから子供も虫歯になってしまいました!」というお母さんがいます。


このことは本当なのでしょうか?


子供の虫歯に体質が関係するのかやっぱり親としては気になりますよね。


実は細菌に対する免疫能力やだ液の性質は遺伝します。


例えば虫歯菌(ミュータンス菌)等の細菌に対しての抵抗力が弱いためにこれらの細菌感染がしやすいという体質が遺伝する場合はあります。


まただ液の性質も遺伝する場合があります。たとえば親のだ液が粘着性なら子供も粘着性のだ液になるということがあります。


したがってだ液が粘着性なら虫歯になりやすいということも確かにあります。


さらに親子で顔や骨格が似ていて歯並びが悪く歯ブラシが届きにくい場所に虫歯ができてしまうことはあります。


確かに虫歯になりやすい体質というのはありますがだからといってこの体質だけで虫歯になってしまうというものではありません。


子供の虫歯はいろいろな条件と環境がそろってつくられる!


子供の虫歯は「虫歯菌(ミュータンス菌)」「糖分」「時間」といったいくつもの条件や環境がそろった時に引き起こされます。


またこの他にだ液が少ない等の「だ液の質や量」も関係してきます。


虫歯菌(ミュータンス菌)

虫歯菌(ミュータンス菌)が吐き出す酸が歯を溶かして虫歯ができます。歯にくっついた糖分を栄養にして虫歯菌(ミュータンス菌)は活動します。


糖分

糖分とはお菓子の中の甘い成分ばかりではなくごはんやパン等の多くの食べ物はお口の中で糖質(糖分)に分解されます。この糖分が虫歯菌(ミュータンス菌)の栄養となり虫歯になります。


時間

お口の中に食べ物が入っている時間も問題になります。常にアメをなめていたりおやつをダラダラ食べていたりするとお口の中に食べ物が入っている時間が長すぎて虫歯になってしまいます。


このように子供の虫歯にはいろいろな条件や環境がそろってつくられます。


ですから虫歯になりやすい体質を受け継いでいてもそれだけで虫歯になってしまうということには決してならないのです。


子どもの虫歯菌を除菌する世界初の歯磨き粉ブリアンも唾液の性質を利用して作られた商品で今注目されています。


実際に子どもの虫歯予防にブリアンが良いか検証してみたのでそちらの記事も参考にしてみて下さい。

⇒ 子どもの虫歯予防にブリアンが良いか検証してみた!(画像付き)


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。