子どもが歯医者嫌いにならないためにできること

大人も歯医者さんが苦手という方は少なくありません。


それは、やはり幼少期に歯医者さんが苦手になったという原因が考えられます。


お子さんを歯医者さんに連れていくことに手を焼いている方も多いでしょう。


では、お子さんが歯医者さん嫌いにならないためにできることをご紹介します。


「怖い」というイメージを植え付けない


歯医者さんイコール痛いことをする怖い所というイメージを植え付けないようにしましょう。何かの罰のように「歯医者さんに連れていくよ」と言わないようにしてください。


「痛くない」などの嘘をつかない


歯医者さんに連れていくために、「何もしない」「痛くない」などの嘘をついて連れていくことは避けた方が良いでしょう。


痛くないと思って歯医者さんに行ったら、押さえつけられて痛い思いをすると、お子さんにとっては、親に嘘をつかれた、嫌なことをされたというショックで歯医者さん嫌いになっていくかもしれません。


出来たことを褒める


最近の歯医者さんの多くは、お子さんのペースに合わせて少しずつ治療を進めてくれます。


じっとして口を開けられた、歯磨きができた、泣かずに我慢できたなど小さなことでもよく頑張ってできたことを褒めてあげましょう。


そして、少しずつ歯医者さんに慣れることも大切ですから、小さなうちから虫歯がなくても検診などに定期的に通っていると、歯医者さんの雰囲気に慣れてもし治療が必要になった時も嫌がらないで済むかもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。