入れ歯とインプラントの違いについて

インプラントと入れ歯ではどのような違いがあるのか入れ歯のメリットとデメリットを見てみましょう。


先ずはメリットについてです。


入れ歯はインプラントと違って外科的手術は行いませんからその為に治療事故等が起こる可能性は極めて低く安全性が高い治療と言って良いでしょう。


次に費用の事についてですがインプラントの場合は保険適用外の為に全額自己負担となり1本あたりの費用が数十万円する事も有ります。


しかし入れ歯の場合は保険が適用される為に安い費用で治療を受ける事が出来ると言うメリットがありますね。


また今現在の顎や口の状態を調べた上でピッタリの入れ歯を作ってくれますから入れ歯を入れる事が出来ないと言う方は少ないのです。


また定期的なメンテナンスもご自身の身体に負担をかける事無く入れ歯だけを変えて行けばいいですから大変楽だと言うメリットも有ります。


では次にデメリットです。


現在ある歯茎に人工の入れ歯をかぶせる訳ですから今までと同じ強さで物を噛むと言う事は難しくなってきます。


もちろん食事は出来ますが今までよりは少し弱い力で噛む様になる方が多いものです。


またその時の歯茎や歯の状態に合わせて入れ歯を作っていますが入れ歯になれていないと装着し続ける事で痛みが生じたり何かの拍子に外れたりしていると煩わしくなってくる事があります。


この様に入れ歯とインプラントには大きな違いが有る事が見て分かるかと思いますので治療法を選択する上での参考にして是非納得した治療方法の参考にして頂ければと思います。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。