歯周病予防とホワイトニングが同時にできる歯磨き粉オーラパール

歯周病予防とホワイトニングが同時にできるということで今人気の歯磨き粉オーラパール。


自分でも実際に使ってみましたが確かに良いです。


歯磨き粉なので即効性は無いですが少しずつ自然な白さの歯になってきています。


歯周病予防とホワイトニングが同時にできる歯磨き粉というのはこれまでにはない新しい商品で日本初の商品らしいです。


それを可能にしているのがナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトの働き!


虫歯や歯周病の原因となる歯垢を除去してキレイに
歯磨きで傷ついた歯の表面のミクロの傷を埋めて滑らかに
虫歯の一歩手前の状態の歯を修復して丈夫に


この薬用ハイドロキシアパタイトは歯とほぼ同じ成分でエナメル質になじみやすいという特徴がありその効果効能は一般のハイドロキシアパタイトとは区別されています。


またオーラパールの特徴としては歯肉炎や口臭の防止のために「塩化セチルピリジニウム」と「イソプロピルメチルフェノール」の2種類の殺菌成分を配合。どちらも副作用が起こる可能性は低く医薬品、医薬部外品、化粧品などに幅広く使われている成分です。


特にこのイソプロピルメチルフェノールは奥まで入り込んだ歯周病菌も殺菌してくれるということで今注目の成分です。歯周病予防をうたっている歯磨き粉には入っているはずです。


もしあなたが使っている歯磨き粉が歯周病に効果があると言われているものならチェックしてみると良いですよ。


そのほかの特徴としては歯茎の腫れや赤み、出血を抑えて歯槽膿漏や歯肉炎などの歯周病を防ぐために「塩化リゾチーム」「グリチルリチン酸」「ε-アミノカプロン酸」「塩化ナトリウム」などの成分が入っています。


「塩化リゾチーム」「グリチルリチン酸」 ⇒ 腫れや赤みを抑える
「ε-アミノカプロン酸」 ⇒ 出血・炎症を抑える
「塩化ナトリウム」 ⇒ 歯茎を引き締める


特に気をつけたほうがいいのは卵アレルギーの人です。


「塩化リゾチーム」は卵を原料としているので卵アレルギーのある方は使用を控えたほうが良いかもしれません。


どの成分も副作用が起こる可能性はほとんどないのですがアレルギーを持っている場合などはまれに吐き気や下痢などが起こることもあるのでもし異常を感じた場合はすぐに使用をやめたほうが良いと思います。


ただこれまでそのような症状が出たという人はいないようなのでアレルギーがないのであればそこまで気にする必要はないと思います。


実際に使ってどれぐらい白くなるのか使う前と使った後の画像も載せているので良かったらそちらの記事も参考にしてみると良いですよ。

⇒ 口コミでも評判の歯磨き粉薬用オーラパールを実際に試してみた


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。