歯科衛生士が自宅で実際にやっている歯周病や歯槽膿漏をケアする方法

東幹久さんが出ていた『芸能人は歯が命』ってCMが昔ありましたよね。きっと若い子は知らないですよね。最近は一般の人もホワイトニングを気軽にできるようになってきてとても良いと思います。


あのCMは『歯の白さが命』というCMでしたが歯って本当に大切なんですよ。


歯の病気っていろいろあります。『歯周病』『歯肉炎』『歯槽膿漏』などは聞いたことがあると思います。それらは全て口の中の細菌が原因で歯の病気が起こります。虫歯も虫歯菌という細菌によって起こる病気です。


口の中の菌を減らせば病気にならない!


この細菌のことをプラークと言いますが、プラークの量を減らすこと『プラークコントロール』と言います。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏などを予防するためにはこのプラークコントロールがとっても大切です。


小学校や中学校の時に口に液体を含んで歯が赤くなるかどうかって実験やったことありませんか?CMとかで見たことがある人もいると思います。あれはプラークが付いているかどうかの実験なんです。しっかり歯磨きができているかどうかの確認ですが、ちゃんと歯磨きが出来ていればプラークは減ります。だから歯磨きって大切なんです。


歯磨きをしっかりしてプラークコントロールが出来ていれば歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏、虫歯、口臭などの全てを予防することができます。


つまり【歯磨きが命】なんです!


プラークは食べカスを餌にしています。食べカスを食べたプラーク(歯垢)が貯まると歯石になります。歯石になってしまうと歯磨きでは落ちません。


なので歯垢の状態でどれだけ歯を綺麗に磨いて口の中を清潔にするかがポイントです。


どんな風に歯を磨くと良いのか?




歯磨きは食べカスをしっかり取り除いてあげることが大事です。なので歯と歯茎の間の隙間に歯ブラシを斜めに当てて優しく動かします


きちんと汚れを落とすためには歯ブラシで
ゴシゴシと歯を強く磨くと良いと思いませんか?



でも歯磨きは強くやってはダメなんです。強く歯を磨くと歯肉が傷ついたり、歯の表面が削れてしまい歯が弱くなってしまいます。


強く磨かないでしっかり歯垢(プラーク)を落として綺麗にするには歯ブラシを細かく動かして磨くことが大切です。


電動歯ブラシや音波歯ブラシだとしっかり汚れが落ちる理由は歯ブラシを細かく動かすことができるからなんです。
しっかり汚れを落とすにはより細かい動きができる音波歯ブラシが最適なのです。


また歯磨きだけではどうしても取れない食べカスが歯と歯の隙間にはついています。


なのでせめて寝る前の歯磨きでは歯間ブラシとフロスを使って歯の隙間まで綺麗にすることが大切です。



そうは言っても

どの歯磨き粉が良いのかわからない・・・
どの歯ブラシが良いのかわからない・・・
いろいろありすぎてどれも同じと思う・・・

こんな風に思ったことありませんか?


中には「歯磨き粉なんて何を使っても同じ」という人もいますが、やっぱり歯磨き粉が変わると全然違いますよ。なぜかと言うと歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間まで歯磨き粉が届くからです。


この↓歯磨き粉ならまだ間に合います

⇒ 歯周病専門薬用プロポリスハミガキ


なぜそこまでして歯周病を予防しているのか?


実は歯周病ってすごく怖い病気なんですよ!最近の研究で心疾患・動脈効果・肺炎・早産・低体重児・関節リウマチ・高脂血症などの様々な病気が歯周病菌が原因でなっていることがわかってきているのです。


つまり歯周病を予防することはその他の病気の予防につながるということなんです。だから最近ではスーパーや薬局などで市販されている歯磨き粉より多少値段が高くても本当に歯周病に効果のある歯磨き粉を選ぶ人が増えています



歯周病に効く歯磨き粉で言えば歯周病菌の働きを抑えてくれる成分が入っている歯磨き粉が良いでしょう。ではどんな成分が歯周病菌を抑えてくれるのか?


歯周病菌の働きを抑えてくれる成分とは?


イソプロピルメチルフェノール・・・歯周病菌の働きを抑えるのに特に効果が高い
プロポリス・・・細菌を殺菌する働き
マスティック・・・歯周病の予防・改善効果が科学的に証明
リゾチーム・・・唾液にも含まれている酵素で歯茎に作用して歯周病を予防

あなたが今使用している歯磨き粉にこれらの成分が含まれているか確認してみて下さいね。含まれていれば今使っている歯磨き粉で十分歯周病予防できるので安心して下さい。


歯周病が悪化して最悪の状態まで進行すると歯が抜けます。そこまでいってしまうと不可能です。



歯が残っているならまだ間に合いますよ!今一番人気なのがイソプロピルメチルフェノールとプロポリスの二つが配合されている歯周病専門薬用プロポリスハミガキです。


健康的な生活をおくるためには噛んで食事ができるということがとても大切です。噛むためには歯が必要なのです。


噛めるって当たり前だと思ってるかもしれませんがそれは今だけですよ。口の中も徐々に老化していきます。気づいた時にはもう手遅れになってしまうのが歯です。そうなる前にしっかりと歯周病を予防して下さいね。



もしこのブログがあなたのお役に立てたなら右の画像のブログランキングをクリックして頂けると励みになりますm(_ _)m